トップ / 不動産の路線価について

不動産の路線価について

不動産の路線価とは

駐車

路線価で不動産取引が可能なのか

市街地を形成する地域の道路に面した宅地の1㎡辺りの単価の事です。課税価格を計算する為に用いる価格であるため不動産販売の土地取引価格にはなりません。路線価と言われた場合は相続税や贈与税の算出する基準価格の事を差します。土地売買での土地価格の基準となるのは公示価格が基準となります。路線価は公示価格の8割程度の価格になっており土地売買の価格の参考にはなりません。土地売買を行いたいのなら公示価格を調べたうえで、不動産屋との商談する方法になります。しかし、1社のみでは足元を見られる可能性もあるので複数の業者に査定価格の見積もりを取る事をお薦めいたします。

価値をあらわす路線価について

不動産の価値を表すものにはいくつかの種類があります。路線価というのもそのひとつであり、この価格は相続税を算出する際の基準となる価格になっています。土地の価格というものは本来であれば時価で計算するものですが、相続が発生したときにすべての土地の価格を時価で計算するのは非常に骨が折れる作業となります。そこで国税庁は不動産の価値を表す価格の一つとして路線価というものを公表するようになっているのです。この価格は、市街地的形態を形成する地域の路線に面する宅地の一平方メートル当たりの評価額となっており、国税庁によって例年7月に1月1日時点の価格が公表されています。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産購入の際のローンについて. All rights reserved.