トップ

不動産購入の際のローンについて

不動産ローンについて

駐車

不動産ローンは金利に注意

不動産を現金で即金で買う人はサラリーマンではまずいないのが現実ですが、ローンを組むときに注意したのが、固定金利型にするか変動金利型にするかですが、いまは超低金利の時代ですので、一例を挙げると3000万円を変動金利0.8%で借りてその後金利が上昇して2.8%になったら、年間60万円の利息の負担増で月にして5万円分返済が増えます。これでは家計への圧迫が著しいので返済の計画も狂うことになり危険です。ですので不動産購入の際は、ローンは慎重に決定するべきことで、低金利次代の今ではこの事例のようになることは十分考えられるので、固定金利での長期のほうがいいです。

住宅のローンについて

不動産を購入するとき、多くの場合は一戸建て住宅やマンションを購入する時には住宅ローンを組む人が大半を占めます。住宅ローンについては誰でも借りることが出来るというわけではありません。多くの場合は、すでに車を分割払いで払っている途中の場合や消費者金融を利用して払っている途中の場合は借りることが出来ません。あるいは、かつてお金を借りておきながら踏み倒した場合については少なくとも7年間はお金を借りることが出来ないのです。不動産は特に多額ですのでどうしても金銭に対する信用が必要になります。家を購入する予定があるならば、金銭取引の信用は失わないようにすることが大事です。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産購入の際のローンについて. All rights reserved.